#042 音楽著作権に関係する主な登場人物(その38)「著作権使用者」(23)「ゲームを製作する人たち」(1)

何度か見ていただいている参考イメージ図「音楽著作権使用料の一般的な流れ」の「著作権使用者」の「その他」にはどんな人がいるかを見ていますが、今回は「ゲームを製作する人たち」について見ていきます。

インディーズの音楽クリエイターやアーティストのみなさんの楽曲も、ゲームに利用される場合があります。また、インディーズの音楽クリエイターやアーティストのみなさんご本人で、ゲームアプリなどを製作されている方もいらっしゃると思います。

ゲームに「楽曲」を利用する場合の手続きには、大きく分けて、ゲームの製作において「楽曲」を録音する際(「ゲームの製作」)の手続きと、インターネットでゲームの配信を行う際(「ゲームの配信」)の手続きの2つが考えられますが、今回は、そのうち、「ゲームの製作」に係る手続きについて見てみます。

<参考:イメージ図「音楽著作権使用料の一般的な流れ」>

<「ゲームの製作」に係る手続き>
ゲームを製作するにあたって、JASRACに管理委任している「楽曲」を利用する場合、音楽著作権の利用許諾申請などを行う際は、どのようなゲームがどのように「楽曲」を利用するかによって手続きが異なります。

どんなゲーム(映像(動画)を伴うかそうでないか、業務用か家庭用か)で「楽曲」を利用するのか、また、そのゲームは配信されるのかされないのか、といった利用の形態です。
(以下では主にJASRACでの手続きについて説明しますが、あわせて以下のJASRACのサイトページ「ゲームの製作」、NexToneのサイトページ「DVD・ビデオ等映像、またはゲームに音楽を録音する場合のお手続き」、「インターネット上で音楽を利用する場合のお手続き」をご参照ください)

・事前確認
まず、映像(動画)を伴うゲーム(後述しますが「映画の著作物」となるもの)、または業務用ゲーム(ゲームセンターやパチンコ店などでの利用を目的としたゲーム)でJASRACに管理委託された「楽曲」を利用する人は、「楽曲」の「著作者」に(「音楽出版社」がある場合は「音楽出版社」を通じ)、利用の可否や、「指し値」となる場合は使用料などその利用条件を事前確認します。映像(動画)を伴うゲームや映像(動画)を伴わないゲームであっても業務用ゲームについては、ゲームの製作に係る使用料は指し値(JASRACの使用料規定による使用料ではなく、音楽出版社や著作者との間で取り決める使用料)の取扱いとなります。

なお、映像(動画)を伴わないゲーム(業務用ゲーム以外)の複製については、事前確認は必要なく、通常のオーディオ録音(CDなどの録音物の製作)の手続きに沿ってJASRACに利用許諾の申請を行います(JASRACのサイトページ「CD・テープ・ICなど録音物の製作」)。

・JASRACでの手続き
映像(動画)を伴うゲームについてはJ-RAPP(オンラインライセンス窓口)から手続きを行い、映像(動画)を伴わない業務用ゲームについては、ゲーム目的複製利用申込書の提出を行いますが、同時に「著作者」(「音楽出版社」がある場合は「音楽出版社」)との承諾書も提出します。許諾番号が通知されたら、許諾表示を行いゲームの製造を行います。

ゲーム製作者は、請求書に基づき使用料をJASRACに支払います。なお、ゲーム製作者からの依頼により、2014年1月1日以降に創作された「楽曲」(「ゲーム委嘱作品」)を利用する場合、ゲーム製作者と著作者との間で合意した一定の範囲内の利用については、JASRACへの支払いは不要です。

<「映像(動画)を伴うゲーム」は「映画の著作物」>
「映像(動画)を伴うゲーム」は、その主要部分に映像(動画)を伴う場合、「映画の効果に類似する視覚的又は視聴覚的効果を生じさせる方法で表現され、かつ、物に固定されている著作物」として「映画の著作物」と考えられるのが一般的です(ゲームの瑣末的部分に動画映像が用いられているにすぎないものや用いられる映像の大半が静止画であるものは「映画の著作物」とみなされないとする判例があります)。

<既存の「音源」を利用する場合>
既存の「音源」を利用する場合は、「著作権」に係る手続きに加え、「レコード製作者」など「著作隣接権者」から、「音源」に係る利用許諾を得る必要があります。

<次回の予告>
次回も、「ゲームを製作する人たち」について見ていく予定です。

(次回もよろしくお願いします!)

ミュージックアセットディレクターズのウェブサイト
ミュージックアセットディレクターズのFacebookページ
ミュージックアセットディレクターズのYouTubeチャンネル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA